乗り物

もう高い飛行機には乗れない⁉格安航空券LCCの秘密や買い時は?

旅行に行こう!

 

そう思ったとき交通手段に何を使いますか?

実は今、飛行機を利用する人が増えています。

かくなるわたくしもヘビーユーザーでございます。

 

「飛行機って高いよね~」はもう昔の話。

 

今はLCCと言われる格安航空会社の台頭により、全体的に航空券が安くなってきています。

今回はそうした航空券事情についてお書きしたいと思います。

 

ざっくり言うと

・LCCとは?
・LCCが安い理由
・一番安い時期や買い方

 

LCCってなんぞ?

LCCというのはローコストキャリア(Low Cost Carrier/格安航空会社)の略称。近年台頭する格安航空券を提供する航空会社の総称を言います。ピーチや、バニラなどが有名でしょうか。

これに対して従来の大手航空会社を、レガシーキャリア(legacy carrier)またはフルサービスエアライン(Full Service Airline/FSA)と呼びます。

 

乗ったことがないという方でも、その名前を聞いたことがある方は多いと思います。

LCCは徹底的なコスト削減により、航空券の価格を安くしています。

ですので新幹線に乗るよりもずっと安い値段で移動できてしまうことも、少なくありません。

それに飛行機ですから、移動時間も電車や車より短く、短時間かつ低価格で目的地にたどり着けるというわけです。

 

 

LCCってなんでそんなに安いの?

 

1.サービスカット

従来の航空会社では当たり前だったサービスが、LCCでは提供されない、あるいは有料化されています。

 

例えば機内エンターテイメント。

機内で映画を見たり、音楽を聴いたりすることができなかったり、機内食が別料金であったり様々ですね。

特に注意して欲しいのが、LCCでは荷物制限が厳しいです。

指定の重量、サイズをオーバーしていた場合、機内に持ち込むことはできず、その荷物の大きさに応じた追加料金を支払わなければなりません。

ぼくは紙袋一つで何処へでも行ってしまうので引っかかったことはありませんが、荷物の追加料金を払ったら、レガシーキャリアと変わらない値段になってしまうかもしれませんのでご注意ください!\(^o^)/

 

2.機内設備のコストカット

LCCでは機内設備を簡素化しています。

どういうことかというと、多くの座席を機内に詰め込んでいます。

要するに座席が狭いということですね。

国内線であれば1~2時間乗るだけですから大きな問題ではないかもしれませんが、長時間乗るとなると話は別ですよね。しかも、標準体形や小柄な人ならともかく、恰幅が良かったり大柄な男性は結構きついと思います(^^;

 

3.変動価格

LCCのチケットは、座席の埋まり具合によって価格が変動します。

つまり、そのチケットを買いたい人が多ければ値段は上がり、少なければ値段が下がるということです。実に市場原理に則ってますね~。

これを可能にしたのは、リアルタイムで消費者の購買状況を反映できるツール、つまりはインターネットの普及ですね。

ですので航空会社も需要の調節ができますし、我々もお安く航空券が買えてしまうというわけです。

4.人件費が安い←

「パイロット」「スチュワーデス(キャビンアテンダント)」と言えば、花形の職業でお給料も良く、地位も名誉もあって結婚したい相手の上位ランキングにいることが常でした。

しかし…

噂によると…

LCCのそれは安い、とかなんとか。

 

「せっかくパイロットと結婚したのに給料安かった!」

なんてこともあるかもしれません。キャビンアテンダントも契約社員、なんていう話もありますし。

乗る側としては安ければ安いほどありがたいですが、

「パイロットが実はバイト。」

みたいなのはちょっとなぁ…って感じですよね(^^;

 

航空券はいつ買えば安い?

上記のように、LCCでは変動価格を採用していますが、では一体いつ頃購入すれば一番お安く買えるのでしょうか。

 

実は…早く買えばいいというものではないのです。

 

購入時期が早すぎると、当該の航空券を購入しようとする人は他にほとんどいないため、「ちょう安い!ラッキー☆」となるはずですが。

これは購入時期が早いから誰も買わないだけで、その航空券の人気がないことになりません。

わかりやすく言うと、人気がない航空券は安くしてあるものの、あんまり早すぎるとその航空券が本当に人気があるのかないのか判断できないわけです。

ぼくも最初は、何も知らずに半年前に航空券を購入していました\(^o^)/

 

なので、価格が動き始める2か月くらい前から、空席が多く一気に落ちる1か月前くらいに買うのがベスト、と言えるでしょう。

さらに待ってギリギリまで安くならないかしら…と思ってるとしましょう。その場合、2週間くらい前になると駆け込み需要で値段が逆に上がったりします。

 

格安航空券を利用することで、交通費を抑え、旅行先で多くお金を使うことができます。

もちろん飛行機を使うことでのデメリットもありますので、メリットとデメリットを考慮して自分にあった交通手段を選択してくださいね。

 

何よりもまずは「色んな手段があることを知っている」ということが大切です。2月6月のオフシーズンはギリギリまで待った方がセールで安くなったり、メルマガや公式サイトで安い航空券が出る…なんて情報も大事ですよね~。

 

ぼくのおススメは値段の比較もできる格安航空券予約サイトskyticketです(*^^*)←ステマ?

 

これからは交通手段の候補に、飛行機(格安航空券)も入れてあげてくださいね!

閲覧ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Mステスーパーライブ2017の出演者や曲は?旬なアーティストも!
  2. 金メダルは儲からない?各国のオリンピック報奨金や特別手当は?
  3. 野田樹潤(juju)は小学生でプロレーサー!年収(賞金)は?
  4. サニブラウンの父母は?出身高校や大学についてもチェック!
  5. ハリルホジッチ監督はなぜ今解任された?更迭理由と代表の弱さについて

関連記事

  1. 乗り物

    パンクしないタイヤのデメリットや取り付け方は?価格も調査!

    東洋ゴム工業が公開した「ノアイア」でパンク知らずのカーライフが実現!?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. テレビ

    BG身辺警護人はつまらない?キムタクあるあると脇役で楽しい!
  2. 仕事

    塾講アルバイトのメリットやデメリット、向いてる人もチェック!
  3. 美容

    2秒に1本売れてる!?フランス生まれの素肌由来,敏感肌スキンケアブランドとは?
  4. 健康

    味にも品質にもこだわった究極の青汁ゼリーとは!?
  5. サブカルチャー

    北朝鮮の金正恩,髪型は母親が影響?テロ国家指定でクリスマスは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。