サブカルチャー

恩田陸作品おすすめは[蜂蜜と遠雷]!面白さ,あらすじや曲も紹介

スポンサーリンク

【蜂蜜とバランタイン】
やや!名作の香りがするぞ!?(挨拶)

 

ところで『恩田陸』ってこの名前、どこかで聞いたことありませんか?

 

詳しくは知らないけれど聞いたことはある、という方も多いかもしれません。その名前を知っている人が多いのは当然です。この方、二度の本屋大賞、そして直木賞を受賞している超売れっ子小説家です。この方の小説がぼく大好物です。

そういうわけで、独断と偏見にまみれた個人的希望により、今回は恩田陸さんの小説についてご紹介したいと思います。

 

ざっくり言うと

・恩田陸さんの【蜂蜜と遠雷】ちょうおもしろい
・【チョコレートコスモス】もオススメ
・恩田陸さんの面白さのポイントは?

【蜂蜜と遠雷】ご紹介

言わずもがな、14回本屋大賞156回直木三十五賞を受賞した最近の恩田陸代表作品ですよね。書店に平積みにされていて、購入された方も多いと思います。

どんなストーリーかというと、ピアノコンクールをめぐる青春群像小説です。漫画でいうと【ピアノの森】でしょうか?(チガイマス) 複数の主人公が、各々の背景、思いを持ってコンクールに挑戦し、その模様を書いたものです。

3年ごとの芳ヶ江国際ピアノコンクールは今年で6回目だが、優勝者が後に著名コンクールで優勝することが続き近年評価が高い。特に前回に、紙面だけでは分からないと初回から設けられた書類選考落選者オーディションで、参加した出場者がダークホース的に受賞し、翌年には世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝したため、今回は大変な注目を集めていた。だが、オーディションの5カ国のうちパリ会場では、「不良」の悪名の審査員3人は凡庸な演奏を聴き続け、飽きて来ていた。だがそこへ、これまでにない今年逝去の伝説的な音楽家ホフマンの推薦状で、「劇薬で、音楽人を試すギフトか災厄だ」と、現れた少年、風間塵は、破壊的な演奏で衝撃と反発を与える。議論の末、オーディションに合格する。

そして日本の芳ヶ江市での2週間に亘るコンクールへ。塵は師匠の故ホフマン先生と「音を外へ連れ出す」と約束をしていて、自分では、その意味がわからず、栄伝亜夜に協力を頼む。亜矢は塵の演奏を聴いていると、普通は音楽は自然から音を取り入れるのに、彼は逆に奏でる音を自然に還していると思った。マサルは子供のころピアノに出会わせてくれたアーちゃん(亜夜)を出場演奏者に見つけ再会する。3人の天才と年長の高島明石のピアニストたちが、音楽の孤独と、競争、友愛に、さまざまに絡み、悩みつつ、コンクールの1次2次から3次予選そして本選へ、優勝へと挑戦し、成長して、新たな音楽と人生の地平を開く。

(wikipediaより)

この作品の何がすごいって、その圧倒的な描写力です。本の中から音楽が聞こえて来る、文字が音符となってページからあふれ出してくる。そんなイメージでしょうか。本を読んでいるのに、重厚で緻密なシューマン『クライスレリアーナ』を聞いているような心地にさせられてしまいます。

小説でしかできない表現がここには詰め込まれている。稚拙な言葉ですが、そういわざるをえないほど、素晴らしい文章が綴られています。そして、当然、作中では登場人物が様々な曲を弾くのですが、それらを読後に聴くのも最高に気持ちが良い。面白い小説や漫画で出てくる音楽を、そのまま流しながら読むのって面白いですよね。

「小説内ではあんなふうに表現されていたが、なるほど!間違いない!」と読後も楽しめるのが、この小説の素晴らしいところ。もちろんストーリも、面白い。音楽の世界に引き込まれるような、そんな作品です。

スポンサーリンク

 

【チョコレートコスモス】ご紹介

これこれこれ!ぼくのイチオシ作品です。

【蜜蜂と遠雷】が音楽をテーマにしていたのに対して、こちらのテーマは演劇です。もう最高傑作ですよ!これは。人の演技をこれほどまでに、文字で表現出来る人間がいるのかと驚きました。漫画でいうと【累 -かさね-】でしょうか?(チガイマス) ストーリーとしては、伝説のプロデューサーが開くオーディションに種々様々な人間が参加するという、群像ものになっています。

そう、こちらも、演劇を取り巻く群像小説です。

恩田陸さんは群像を書くのが本当に上手です。最近は漫画なり、小説なり、映像化されることが多いですが、この作品の映像化は難しいんじゃないかなと思います。というのも「この文章、映像で表現出来るのか?」という部分が多いのです。だからこそ、小説としてオススメであり、小説ならではの魅力が詰まった素晴らしい作品なのです。

 

恩田陸作品の魅力とは?

ズバリ、各方面のリアルさ。ではないでしょうか。

【蜜蜂と遠雷】を書くにあたって恩田陸さんは、何度も取材に足を運ばれたそうです。恩田陸さんが元々有していた音楽の知識と、そうした根気強い取材によって完成した【蜜蜂と遠雷】は音楽の素晴らしさを私に伝えてくれました。

【チョコレートコスモス】に関しても同じです。演劇における専門用語など、この小説を読まなければ知りえないことを多く知ることができました。みなさんエチュードって知ってます?ぼくが聞いたら「…クラシック用語かな?」となります。

そして、そうしたリアルさを持った小説は、その方面に我々の関心を引きつけます。【チョコレートコスモス】は演劇に、【蜜蜂と遠雷】は音楽に、引きつけられる人が多いはずです。ぼくはそれまで全く興味のなかったピアノコンクールや、劇場にも足を運ぶようになりました。

小説という一つの媒体を通して趣味が広がるのは、素晴らしいことだと思いませんか?

ぼくの影響を受けやすい、性格もありますが、恩田陸さんの小説には好奇心を掻き立てられます。もちろん上記の2作品以外にも素晴らしい恩田陸作品はありますが(本当はまだまだ紹介したいです)、この2作がまずはオススメですね。

しかも、恩田陸さんの小説はすごく読みやすいんですよ。

書いてある文は美しくて知性が溢れ出ていて、ぼくでもさっくり読めちゃうんです。日頃ブログを読んでくださる方には、ぼくの文章力が非常にアレということはよくご理解いただけてると思いますが、そんなぼくでも読みやすいんですよ。さらに、読みやすい文章を読んでも自分では書けないんだなぁというのがよくわかりますハイ。

最高、これに尽きます。

機会があれば是非読んでみてください!むしろ機会がなくても読んで!ここ読んでるより恩田陸作品読んで!!!

 

おまけ

閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 陸王キャストにドラマ初の松岡修造!銀行員や二世俳優も気になる!
  2. 和牛がM-1グランプリ2017で準優勝になった決勝のネタとは?
  3. 株式会社CULENの代表はやはり飯島三智!今現在とキスマイは?
  4. Amazonキャンペーンとは?メールの送り元と題名から詐欺や迷惑っぽい件
  5. 2017世界陸上400mリレー日本銅メダル!最終走者は?日本はなぜ速い?

関連記事

  1. サブカルチャー

    オースティンマホーンが可愛い!元カノから見える女性の好みは?

    こんばんは!٩(๑´3`๑)۶ぼくですよ!年末年始はお笑い芸人…

  2. アニメ

    映画ドラえもん2017の内容が深い!南極のネタバレや意外な謎も!

    まぁ主にぼくのための記事ですが。ぼくってSFとか好きだし古代文…

  3. サブカルチャー

    香取慎吾と親友山本耕史が天野っちと子育てを語る?結婚生活は?

    ほんと、キミらの時代って感じだよ。キテるよ。キテる(*^^*)…

  4. サブカルチャー

    稲垣吾郎とヒロくんの関係は?仕事や本名、奥さんもチェック!

    ナチュラルに、まるでお父さんのように「稲垣吾郎 もしもの結婚式」に出席…

  5. サブカルチャー

    絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時とは?豪華ゲストも!

    絶対に笑ってはいけないシリーズ今年はなにがくる?おはようございます!ぼ…

  6. サブカルチャー

    江頭2:50(いい人)が「ぷっ」すま以来!ユーチューバー草彅と対決?

    な、なんですと!?興奮して思わずカテゴリー「サブカルチャー」までチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アニメ

    映画ドラえもん2017の内容が深い!南極のネタバレや意外な謎も!
  2. 社会

    本当の恋愛は30歳から?本物の出会い、無料ではじめてみませんか?
  3. サブカルチャー

    めちゃイケが2017年打ち切り決定になる理由とは?後番組は何?
  4. サブカルチャー

    ヲタトゥー(痛タトゥー)で後悔!シールにする?著作権大丈夫?
  5. 芸能人

    株式会社CULENの代表はやはり飯島三智!今現在とキスマイは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。