サブカルチャー

大相撲2017よかったこと悪かったこと。若手躍動とモンゴル人?

大相撲この一年を振り返る

 一年納めの本場所である九州場所が先日千秋楽を迎え、休場明けの横綱白鵬が、14勝1敗で前人未到の40回目の優勝を果たしました。

相撲協会の行事として、先日冬巡業も終了し、本場所は全ての日程を終えました。

また、今年は21年ぶりに、年6場所90日間全てで満員御礼となり、そのうち9割が当日券などの追加分のチケットが完売(札止め)という大盛況でした。

今回は、2017年の大相撲を振り返っていきたいと思います。あと、例の暴行事件はスルーで٩(๑´3`๑)۶

世界初の相撲の技術の教科書 相撲観戦が10倍楽しくなる!! [ 桑森真介 ]

ざっくり言うと

  • 19年ぶりに日本人横綱が!
  • 白鵬一強は変わらず!
  • 若手力士の躍動!
  • 年の終わりにアレな事件!

 

◆こちらもオススメ!


 

稀勢の里日本出身力士として19年ぶり横綱昇進!

今年の大相撲が大盛況となった立役者は、何と言っても稀勢の里関です。綱取り場所となった初場所を自己最高の14勝1敗で初優勝を果たすと同時に、横綱に昇進しました。

そして、新横綱として迎えた春場所では、怪我を負った状態で大関照ノ富士関との優勝決定戦の末、2場所連続優勝を果たしました。

横綱昇進条件は、2場所連続優勝が第一条件ですが、「優勝に準ずる成績」というのがあります。その準ずる成績のボーダーラインは大体13勝ですが、稀勢の里関は仮に、初場所で横綱昇進が見送られていたとしても文句なしで横綱昇進となっていました。

ちなみに、初優勝で横綱昇進したのは、2014年の鶴竜に次いで2代続けてです。

さらに、新横綱での優勝は、1995年初場所の貴乃花以来21年ぶり9人目の快挙です。

ぼくは稀勢の里関が新入幕の頃から注目していたので、遂に悲願を達成して大変喜びました٩(๑´3`๑)۶

ただ、春場所の逆転優勝の代償は大きく、その後は怪我が響き4場所連続で休場となりました。(全休も含む)

また、春場所で優勝を争った照ノ富士関も、その後は怪我が響き、秋場所後に大関陥落、九州場所は1勝も出来ないまま途中休場となり、初場所は平幕が決定的となりました(´・ω・`)

 

白鵬偉業達成!許さない世代交代

横綱白鵬関は、今年で横綱在位10年となり、そろそろ衰えが見えているのではという声も少なくありません。今年の白鵬関は、2場所で休場し、秋場所は全休となりました。

いよいよ白鵬の時代は終わったのかと思いましたが、そんなことはありませんでした。

今年の6場所のうち、3場所で白鵬関が優勝果たし、特に名古屋場所では、大関魁皇(現:浅香山親方)の通算勝利数1047勝を更新しました。

さらに、冒頭でも述べたように、九州場所では40回目の優勝を達成し、今年の年間最多勝も達成しました。

白鵬の時代はまだまだ終わりません。

 

相次ぐ若手力士の台頭

今年は17年ぶりに4横綱となりましたが、そのうち鶴竜は優勝がなく、秋場所は日馬富士が優勝しましたが、過去最低ラインの11勝4敗という成績でした。

また、稀勢の里関の弟弟子である高安関が大関に昇進しましたが、その後は途中休場が目立ち、去年秋場所で全勝優勝を果たした豪栄道関も今年は優勝争いにほとんど絡みませんでした。

上位陣が不振に終わる中で、若手力士の活躍が目立っていました。

阿武咲、貴景勝、北勝富士、御嶽海など若手力士が場所を盛り上げており、特に阿武咲は新入幕から3場所連続で2桁勝利、小結として迎えた九州場所は8勝7敗で4場所連続勝ち越しを決め、初場所での新関脇が濃厚となっています。

いよいよ本格的に世代交代が進んでいくのかもしれません。

 

そして暴行事件…

日馬富士関引退…(´・ω・`) とりあえず悲しいので、かわいがり(暴行)事件と引退とモンゴル人力士の八百長疑惑についてはスルーの方向で٩(๑´3`๑)۶だって貴乃花も好きだったし…

角界を揺るがす八百長疑惑。日本相撲協会の放駒理事長は2日の会見で「過去には一切なかった」と述べたが、11年間の星取表を調べ上げ、八百長の存在を統計的に示した2002年の学術論文が改めて注目を集めている。

 米シカゴ大のスティーブン・レビット教授(経済学)らは1989年から2000年までの十両以上の取組3万2千回以上を調べた。7勝7敗で迎えた力士の千秋楽での勝率は75%にもなった。

 勝ち越しをかけた一番で勝率が上がるのは八百長ではなく、力士が必死になるからという説明もあり得るが、同じ相手と次の場所以降で対戦したときの勝率は4割程度に下がっていた。

 教授らは、わざと負けることで借りを返したと分析。ただ、統計的には返し切れたとは言えず、残る分は金銭で埋めたのでは、とした。

 勝ち星の数が番付に与えた影響を調べると、8勝した力士は平均約7枚昇格、7勝だと約4枚降格、差は11枚分だったが、9、10勝目や7勝以下だとその差は3枚程度。数字上の分析ではあるが、勝利の動機付けが8勝目だけ「ゆがんでいる」とし、「ゆがみを取り除くと、八百長のうまみがなくなる」としている。

 論文ではほかに、力士個人ではなく部屋ぐるみの関与をほのめかすデータも指摘。また、不祥事でマスコミが角界に注目しているときは八百長を示すデータは見られず、八百長防止には監視強化も有効とした。論文は米経済学レビュー誌に掲載された。

朝日新聞デジタルより)

モンゴルどうこうじゃないしね…٩(๑´3`๑)۶

 

まとめ

 現在なにかと騒がれている大相撲ですが、今年は横綱誕生に新記録達成と、おめでたい出来事が多かった一年でした。最後に大変アレなものが有りましたが…(しかも年越しそうな勢い)

稀勢の里関が横綱に昇進したのはもちろんですが、若手力士や遠藤・宇良など人気力士が活躍したのも嬉しかったです。ただ宇良関は今場所全休したのが残念ですが。

来年の大相撲は「かわいがり」もなく「注射」(射てば『頼めば』すぐ効く『勝てる』、を意味する賭博から転じた相撲の八百長用語)もない良い一年になるよう願っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大場美和(ボルダリング)のクライミングがヤバい!大学や実家は?
  2. Amazonキャンペーンとは?メールの送り元と題名から詐欺や迷惑っぽい件
  3. 新しい地図(NEW MAP)は北東西南(NEWS)でNEW SMAP?CULEN…
  4. 中村千尋(歌手)がかわいい!事務所や出身は?大学は出ているの?
  5. サニブラウンの父母は?出身高校や大学についてもチェック!

関連記事

  1. アニメ

    RUANN(るあん/女子中学生歌手)が可愛い!本名や出身,英語学習法も!

    また中学生か!٩(๑´3`๑)۶こんばんは!ぼくです!いやマジ…

  2. サブカルチャー

    岡崎体育は若い頃のタモリに似てる!共通点やネットでウケる理由

    去年くらいからわりと話題ですが、改めて、岡崎体育がヤバい。こん…

  3. スポーツ

    珍プレー好プレー2017がフジテレビで11月放送決定!出演者は?

    珍プレー好プレーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 11月26日(日)…

  4. スポーツ

    伊藤みき(モーグル)の怪我は?かわいいへそ画像や彼氏、父母も!

    モーグル3姉妹として知られた伊藤みきさんも、いまや30歳の大御所になり…

  5. テレビ

    おディーン様(ディーンフジオカ)のドSドラマや配役はなぜ多い?

    こんにちは。「今からあなたを脅迫します」&nb…

  6. スポーツ

    母子家庭(ひとり親家庭)の人はプロ野球選手で成功しやすい?

    いよいよドラフトが近づいてきましたね!ぼくです!こんばんは!楽しみすぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. サブカルチャー

    岐洲匠(きずたくみ)の本名は?彼女は大久保桜子の宇宙戦隊恋愛?
  2. サブカルチャー

    モーリー・ロバートソンの妻は池田有希子!父母や若い頃も調査!
  3. 映画

    「ジャッジ!」(邦画)は元気もやる気も出る心のサプリ映画!
  4. スポーツ

    桜井周斗投手(日大三,新座シニア)は打撃も凄いがドラフト何位?
  5. 健康

    最も効果的な理想の栽培環境のキングアガリクスとは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。