社会

仮想通貨とは?メリットデメリットとニュースや暴落について!

こんにちは!ぼくですよ!٩(๑´3`๑)۶

2017年は仮想通貨(暗号通貨)ビットコインが大高騰したことが大変話題になりましたね。それはもう見事な暴上がりです(;゚Д)

仮想通貨なんて、そんな恐ろしいものに投資できないわ~

数年前にビットコイン取引所の太った外人が詐欺で逮捕されていたしね

本当に現金化できるか信用できないし~( ゚Д゚)y─┛~~

と仮想通貨をとことん無視してきた人たちも、ビットコインの大高騰を受けて仮想通貨に注目せざるを得ない状況となってきたわけです。

2014年、ビットコイン取引所のマウントゴックスで巨額のビットコインが紛失した「マウントゴックス事件」により1ビットコインが1.8万円まで暴落しました。

あのムッチムチのスーツを着ていたマルク・カルプレス氏が逮捕された事件です。インパクトありましたよね。

「ガイジン!」「仮想通貨!」「うさんくさい!」「詐欺!」←一般的日本人の思考٩(๑´3`๑)۶<ぼくもです

 

しかし、2017年には1ビットコインが200万円前後に。事件からわずか3年でここまで成長するとは誰も思っていなかったでしょう。

あの頃に大量購入した人たち・・・

億万長者じゃないの(;д)!!!

羨まし過ぎる\(;゚∇゚)/!!!

というわけで、今回は仮想通貨とはどういうものなのか、2018年のビットコインがどうなるのかを世界一の予言者のビットコイン予言とともにお伝えしていきます(Д´)ノ!

HELLO KITTY ハローキティ ビットコインケース

 

ざっくり言うと

  • 仮想通貨のメリットは「国が不安定でも左右されない」ところ
  • 世界一の予言者曰く「2018年は荒れる」らしい
  • 経済も仮想通貨も「感情(勘定)で動く」もの
  • つまり仮想通貨のデメリットは「極端に動きやすい」(乙女心かな?)

 

コチラもオススメ!


 

仮想通貨の魅力とは何か?仮想通貨は資産になるの?

そもそも、なぜ仮想通貨に全世界が注目しているのでしょうか?

 

世界の三大通貨は

1位:米ドル(USD

2位:ユーロ(EUR

3位:円(JPY

3位に日本円が入っているのがビックリですよね!どう考えても円はマイナーな通貨だと思うのですけどね~。米ドルとユーロに比べれば円の決済通貨としての利用割合はかなり低いわけですが、それでも世界第3位なのです。円が買われる理由は「信用が高い」ということが理由のようです。それもあり、リスク回避に買われるのが円なのですね。

とはいえ、三大通貨を所有していても不安はあります。世界情勢が不安定だと紙幣価値も不安定だからです。アメリカはインフレが続いていますし、トランプ大統領の政策などから株価など不安定さがあります。中東情勢や北朝鮮問題も深刻です。ユーロもイギリスのEU離脱問題などユーロ圏の足並みが乱れていることで不安があります。

日本円はリスク回避のために買われることが多いため、戦争やテロなどが起きると円高にふれますが、北朝鮮のミサイル問題など不安要素はたくさんあります。首都圏にミサイルが落とされ甚大な被害が出れば円は紙クズ同然の価値となってしまいます。北朝鮮問題は日本にとって軽視できない問題です。

 

この混沌とした世界情勢の中、投資家がどこの通貨を買うか。

世界情勢の影響を受けず世界中で利用可能な仮想通貨に注目する投資家がいるのは自然の流れなのかもしれません。

 

仮想通貨として現在有名なのは

ビットコイン

イーサリアム

リップル

どれも大きく高値に成長しました。世界中で取引されるまでに拡大し、実際の貨幣と同様に使えるようになってきたのです。仮想通貨は株などの有価証券と違いネットで簡単に取引が完了し現金化できることが最大の魅力のようです。仮想通貨の流通は金融革命といえます。資産として残せるかどうかはギャンブル性の高さから判断しにくいものの、世界中で通貨として機能してきたことは事実です。

この金融革命をどう捉えるか。

人口知能(AI)や仮想現実(VR)、そしてこの仮想通貨。

止めることの出来ない次世代への流れかも知れません(。・3・)<勉強せなな

 

日本は世界で最も仮想通貨が進んでいる国らしい

仮想通貨界のトップであるビットコインですが、投資家の大半は日本人なのです。驚きですよね。三菱東京UFJ銀行がビットコインに参入し、日本の法律で仮想通貨法(改正資金決済法)が施行されました。実は日本は世界の中でも最も仮想通貨に対して進んでいる国なのです。

 

ちなみに、ビットコインが信頼される理由である

 

ブロックチェーン技術

 

取引履歴の情報の固まり(ブロック)同士が鎖(チェーン)のように繋がっていき、ひとつの情報を不正に改ざんしようとするとブロック同士が繋がっていることから全ての情報に影響を及ぼすため、不正が出来ない仕組みとなっています。

 

分かりますか?(*^^*)

 

はっきり言って意味がよく分からない(・・;)わけですが、この技術、相当スゴいものらしく、インターネット革命かそれ以上の革命的な技術だと言われているそうです。

この「ブロックチェーン技術」を考案したのが

サトシ・ナカモト

個人なのか、組織なのか、本名なのか偽名なのか。性別も何も分からないようです。このサトシ・ナカモトさんもビットコインを保有していて、その割合は全体の5%にあたるようです。日本人の名前のようですが、正体不明・・・。謎めいていていかにも仮想通貨!という感じですよね~。

 

技術革新により新時代が始まった。

 

そんな感じがしてきますね!٩(๑´3`๑)۶

世界一当る予言者が2018年のビットコインの混乱を予言

今、世界で最も当る予言者と言われ話題になっているのがイギリス人の

クレイグ・ハミルトン・パーカーさん

この方の予言はぼんやりしたものではなく、割と細かい内容のものが多いです。

そんな予言に対して的中率はなんと7割なのだとか。

で、そんな彼が2018年にビットコインについて予言しています。

 

「仮想通貨ビットコインの詐欺や、それがテロの資金源として利用されているという事実が明らかになる。裏にはアメリカの一流会社も絡んでいる。」

 

とても細かい予言です。

ちなみに予言が外れたらYou Tubeでいつも謝罪しているようです。誠実ですね(*^^*)

ビットコインに関しては、この予言とは関係なく異常高騰に関して、不安を抱かない人はいないでしょう。既に保有している人はいつ売るべきか、次はどこの仮想通貨を買うか、きっと考えているのだと思います。

現在第2位の「イーサリアム」が今アツいという人も多いですよね。

・・・それにしても、FXとか、株とかと変わらないギャンブル性高いシロモノですね。仮想通貨は。

ギャンブルではなく通貨として市民生活に浸透する日が来るのか、難しいところです(´)

 

今回(2018年1月18日前後)の暴落の理由は?

経済用語を見ていると非常に「人間の感情に即した言葉」が多いんですね。例えば「市場心理」「投資家のセンチメント(感情)」なんかがそうです。なので、今回も「感情」から見てみましょう。

  • イスラム教の偉い人が「仮想通貨はギャンブルっす。ギャンブル(賭け事)はイスラム教的にダメ絶対!」と発言して暴落
  • 韓国の偉い人が「仮想通貨気に食わねえ」みたいなことを発言して暴落。ちなみに韓国はちょう仮想通貨大好き国家。
  • 中国の偉い人が「仮想通貨なんて規制するわ」みたいなことを発言して暴落。ちなみに中国の仮想通貨の勢いは世界一とも言われています。

資源のない韓国やリアル紙幣に偽物が多すぎてあっという間にウェブマネー社会に移行した中国は、本来仮想通貨と相性のいい国家です。ただ、仮想通貨が一番買われているのは日本なので、韓国中国共に仮想通貨が値上がりすると面白くありません。そして日本も含めたその他の国も、国の基本概念である「通貨発行権」が脅かされることに対し、あまりよく思ってません(当たり前や)。非常に便利なのはわかるけど、国として認めるのもちょっとね〜、みたいな感じなのでしょう。イスラム教の「ギャンブルと一緒や!」というのも勘定そのものといえます。

要するに、今回の暴落は「それを望んだ人が多かったから」という身も蓋もない話・・・でいいの?そんな単純なわけある?٩(๑´3`๑)۶<ひとの感情で動きAIの勘定で流れができるんやで!

 

まとめ

2018年、ビットコインがこのまま高騰を維持していくのか、バブル崩壊のように大暴落するのか、はたまた予言どおり詐欺が起こり仮想通貨の危うさを露呈するのか。2018年の仮想通貨がどうなるのか。

今は恐ろしくて手が出せないビットコイン。イーサリアムなら検討内の方もいるかもしれません。イーサリアムの現在の価格は1コイン、16万前後(2018年1月頭→1月18日に12万前後。変わりすぎィ)。一方、いちばん有名なビットコインは200万前後(2018年1月頭→1月18日に137万前後。変わりすぎィ)ですので割安に思える不思議・・・。でも乱高下しすぎて不安でもあり・・・(^_^;)

仮想通貨を持てば金融革命をリアルに感じることができるでしょう。買うか買わないかはあなた次第です!

ごきげんよう!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大谷翔平のエンゼルスはどんなチーム?金持ち?貧乏?強さは?
  2. 平昌オリンピックに北朝鮮はなぜ参加するの?狙いや目的は?
  3. 仮想通貨とは?メリットデメリットとニュースや暴落について!
  4. 株式会社モボモガが原宿の古着屋ベルベルジンとコラボするかも?
  5. 西郷真悠子は西郷隆盛の弟 西郷従道の玄孫!父親や親族会も調査!

関連記事

  1. 研究

    みちびき4号機の値段や製造会社はどこ?準天頂衛星やQZSSとは?

    2017年10月10日火曜日7時01分37秒、日本版GPS衛星「みちび…

  2. 仕事

    弁護士を超える時給最大7000円以上!?業界1位の自宅で高収入バイトとは?

    ガールズチャットって?ガールズチャットは、音声通話やT…

  3. 海外

    マイクロソフトのメール[使用条件の更新についてのお知らせ]とは?

    なんかかしこまったメールが届くとビビりますよね!おはようございます!٩…

  4. 社会

    本当の恋愛は30歳から?本物の出会い、無料ではじめてみませんか?

    「華の会メール」は、30歳~75歳を対象としたサービス…

  5. 仕事

    塾講アルバイトのメリットやデメリット、向いてる人もチェック!

    塾でバイトしたいンゴ!最近女子高生、女子大生の間で…

  6. 研究

    新天皇即位はなぜ5月?10連休とお祝いムード好景気で消費税アップ

    新天皇即位が2019年3月末か4月末で調整してましたが決まりました!お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. CM

    au三太郎cmの着物の外人は誰?名前や両親、他の出演作を調査!
  2. スポーツ

    母子家庭(ひとり親家庭)の人はプロ野球選手で成功しやすい?
  3. サブカルチャー

    モーリー・ロバートソンの妻は池田有希子!父母や若い頃も調査!
  4. 芸能人

    新しい地図(NEW MAP)は北東西南(NEWS)でNEW SMAP?CULEN…
  5. アプリ

    LINEで「花火」を含むメッセージを入れても出ない時は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。