スポーツ

羽生結弦や宇野昌磨,フェルナンデスのメダル結果や詳しい内容”もしも”を解説!

羽生結弦選手、金メダル!
宇野昌磨選手、銀メダル!

まさかの金銀独占来ちゃいましたね〜!おはようございます!ぼくです٩(๑´3`๑)۶<感動したわ〜!!!

「転んだ方が銀でノーミスの方が金」とか書いたらマジだった(*^^*)

ということで、詳しい内容と羽生選手、宇野選手、フェルナンデス選手の「ひょっとしたら…」を見ていきたいと思います٩(๑´3`๑)۶<チェン選手もいるよ!


SportsGraphic Number 2018年2月15日号【雑誌】【2500円以上送料無料】最強のふたり。羽生結弦と宇野昌磨

ざっくり言うと

  • わずかだけど大きな演技力の差、構成の差が面白い!
  • 喋るより文章で一気に名を上げた安藤美姫さんが面白い!
  • 実は圧倒的1位だったネーサン・チェン選手の今後が面白い!

 

◆コチラもオススメ!


3選手のショートプログラム内容

まずはSP1位の羽生結弦選手。

羽生結弦

技術点 63.18
1.4回転 サルコ―:10.50+2.71=13.21
2.フライング キャメル スピン レベル4:3.20+1.00=4.20
3.足換え シット スピン レベル4:3.00+1.43=4.43
4.トリプル アクセル:9.35+3.00=12.35
5.4回転 トーループ + 3回転 トーループ:16.06+2.57=18.63
6.ステップ シークエンス レベル4:3.90+2.10=6.00
7.足換え コンビネーション スピン レベル3:3.00+1.36=4.36

 基礎点49.01+GOE14.17=技術点63.18

演技構成点 48.50
スケート技術(Skating Skills) 9.71
要素のつなぎ(Transitions) 9.43
演技力(Performance) 9.86
構成(Composition) 9.75
楽曲解釈(Interpretation of the Music) 9.75

技術点63.18+演技構成点48.50+減点0.00=111.68点

【羽生がほぼ完ぺきな演技】
羽生は111.68点でトップ。音楽はショパンのピアノ曲「バラード1番」。しっとりと滑り出し、冒頭で4回転サルコーに成功。予定していたループから難度を下げた。フライングキャメルスピンと足換えのシットスピンはスピード豊か。
ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半では、まずトリプルアクセルを余裕を持って決め、4回転と3回転の連続トーループは2本目で両手を掲げる完成度の高さ。流麗なステップシークエンスは音符のひとつひとつを表現するよう。最終要素の足換えのコンビネーションスピンの途中から大きな拍手が沸いた。このスピンでレベルの取りこぼしがあり、自己の持つ世界歴代最高には届かなかったものの、五輪連覇に向け、最高のスタートを切った。

羽生結弦の話 特に不満な点もなく、うれしく思っている。やるべきことはやってきたし、(ケガで)2か月間滑れなかった間も努力をし続けてきた。(フリーでは)その努力を結果として出したい。

2番めのフライングキャメルスピンレベル4が完璧だったらGOE1.00ではなく3.00付いて113.68、自身の記録112.72を超えてワールドレコードや〜!٩(๑´3`๑)۶…なんてのは求めすぎですかそうですか。ノーミスをさらに上回るって大変なことですねぇ…(^_^;)<だからこそ基礎点の高い4回転ルッツを練習してたのか

 

続いてSP2位のフェルナンデス選手

ハビエル・フェルナンデス

技術点 59.79
1.4回転 トーループ + 3回転 トーループ:14.60+2.00=16.60
2.4回転 サルコ―:10.50+2.71=13.21
3.フライング アップライト スピン レベル4:2.90+0.50=3.40
4.トリプル アクセル:9.35+2.43=11.78
5.足換え シット スピン レベル4:3.00+1.29=4.29
6.ステップ シークエンス レベル4:3.90+1.90=5.80
7.足換え コンビネーション スピン レベル4:3.50+1.21=4.71

 基礎点47.75+GOE12.04=技術点59.79

演技構成点 47.79
スケート技術(Skating Skills) 9.36
要素のつなぎ(Transitions) 9.36
演技力(Performance) 9.71
構成(Composition) 9.68
楽曲解釈(Interpretation of the Music) 9.68

技術点59.79+演技構成点47.79+減点0.00=107.58点

【フェルナンデスが好演技】
元世界王者のフェルナンデス(スペイン)は107.58点で羽生に続いた。喜劇王チャップリンをテーマにした演技で4回転と3回転の連続トーループ、4回転サルコーを跳び、ジャンプに危なげなし。振り付けも工夫をこらし、まるで映画を見ているかのような好演技。

フェルナンデス選手の惜しかったところを上げるとしたら、「ジャンプが1.1倍加点になる後半に4T+3Tを持ってこなかった」くらいでしょうか(^_^;)

 

最後は、フェルナンデス選手に抜かれたとはいえ素晴らしい演技の宇野昌磨選手。

宇野昌磨

技術点 58.13
1.4回転 フリップ:12.30+1.43=13.73
2.フライング キャメル スピン レベル4:3.20+0.93=4.13
3.ステップ シークエンス レベル3:3.30+1.07=4.37
4.4回転 トーループ + 3回転 トーループ:16.06+1.14=17.20
5.トリプル アクセル:9.35+0.71=10.06
6.足換えの シット スピン レベル4:3.00+1.00=4.00
7.足換えの コンビネーション スピン レベル4:3.50+1.14=4.64

 基礎点50.71+GOE7.42=技術点58.13

演技構成点 46.04
スケート技術(Skating Skills) 9.29
要素のつなぎ(Transitions) 9.00
演技力(Performance) 9.25
構成(Composition) 9.29
楽曲解釈(Interpretation of the Music) 9.21

技術点58.13+演技構成点46.04+減点0.00=104.17点

【宇野もミスなし】
宇野は104.17点で3位につけた。音楽はヴィヴァルディの「四季」から「冬」。最初に4回転フリップを成功。フライングキャメルスピンとステップシークエンスで場内を自分の世界に引き込んだ。ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半に4回転と3回転の連続トーループを決め、続くトリプルアクセルでは着氷で乱れかけたものの、こらえた。終盤2つのスピンの際にはスタンドから手拍子が沸く盛り上がり。疾走感のあるプログラムを大きなミスなくまとめる納得のSPに、笑顔でガッツポーズ。

宇野昌磨の話 完ぺきな演技ではなかったが、今のコンディションでは満足いく演技。緊張で体が動きすぎてしまうので、それを抑えるのに必死だった。(フリーは)笑顔で終われるようにしたい。

宇野選手の場合、わかりやすく「上の二人と比べGOEが高くない」辺りでしょう。基礎点なんて羽生選手を上回ってますし。要は「若いんだしもっと練習して完成度を高めましょう(*^^*)」ということでしょうか。わかりやすいけどキツッ

 

3選手(+1)のフリースケーティング内容

まずは金メダル羽生結弦選手。

羽生結弦

技術点 109.55
1.4回転 サルコ―:10.50+3.00=13.50
2.4回転 トーループ:10.30+3.00=13.30
3.3回転 フリップ:5.30+1.60=6.90
4.フライング 足換え コンビネーション スピン レベル4:3.50+1.00=4.50
5.ステップ シークエンス レベル3:3.30+1.43=4.73
6.4回転 サルコ― + 3回転 トーループ:16.28+2.71=18.99
7.4回転 トーループ (レペテイション):7.93ー2.06=5.87
8.トリプル アクセル + 1回転 ループ + 3回転 サルコ―:14.74+2.14=16.88
9.3回転 ループ:5.61+1.20=6.81
10.3回転 ルッツ:6.60ー1.10=5.50
11.フライング 足換え シット スピン レベル4:3.00+0.93=3.93
12.コレオ シークエンス レベル1:2.00+2.00=4.00
13.足換え コンビネーション スピン レベル4:3.50+1.14=4.64

 基礎点92.56+GOE16.99(マイナス分は3.16)=技術点109.55

演技構成点 96.62
スケート技術(Skating Skills) 9.71
要素のつなぎ(Transitions) 9.50
演技力(Performance) 9.64
構成(Composition) 9.71
楽曲解釈(Interpretation of the Music) 9.75

技術点109.55+演技構成点96.62+減点0.00=206.17点
SP111.68+FS206.17=317.85

【羽生が連覇】
羽生は206.17点、合計317.85点で五輪連覇。曲は映画、陰陽師より「SEIMEI」。気迫ある表情でリンクに出た。冒頭の4回転サルコーを流れるように着氷し、続く4回転トーループにも余裕。ともにGOE(出来栄え点)で満点3点の加点を得た。3回転フリップも決めて序盤のジャンプは全て成功。ステップシークエンスで魔物をはらう陰陽師の世界を作り上げた。
ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半には4回転サルコーと3回転トーループの連続ジャンプに成功、だが連続ジャンプを予定していた4回転トーループの着氷で大きくバランスを崩し、2本目が跳べなかった。得意にしているトリプルアクセルからの3連続ジャンプで立て直し、最後のジャンプだった3回転ルッツは着氷で前のめりになりながらもこらえた。
ミスはあったものの、表現力を示す演技点は5つの項目すべて9点台の後半をそろえ、10点満点をつける審判も。大歓声と拍手の中で演技を終えると、感情を爆発させて何かを叫び、戦い抜いた右足首にそっと両手を添えた。

羽生選手についてはもう言うことなくハイレベルなので、あえて比べるとしたら自身の持つワールドレコードでしょうか(^_^;) 2015年グランプリファイナルが330.43点なので、12.58点足りません。FTのマイナス分がプラスなら7点くらい加算になるから残り6点。やはり4回転ルッツに変えるか、足換えのある技のGOEが低めなので精度を上げればワンチャンかな…

自分超え、マジ大変(真顔)

 

続いて銀メダル宇野昌磨選手。

宇野昌磨

技術点 111.01
1.4回転 ループ:12.00ー4.00=8.00
2.4回転 フリップ:12.30+1.57=13.87
3.3回転 ループ:5.10+1.20=6.30
4.フライング キャメル スピン レベル4:3.20+0.93=4.13
5.フライング 足換え コンビネーション スピン レベル4:3.50+0.93=4.43
6.ステップ シークエンス レベル3:3.30+1.07=4.37
7.トリプル アクセル:9.35+1.86=11.21
8.4回転 トーループ + 2回転 トーループ:12.76ー1.54=11.22
9.4回転 トーループ:11.33+1.29=12.62
10.トリプル アクセル + 1回転 ループ + 3回転 フリップ:15.73+1.29=17.02
11.3回転 サルコ― + 3回転 トーループ:9.57+0.70=10.27
12.コレオ シークエンス レベル1:2.00+1.50=3.50
13.足換え コンビネーション スピン レベル3:3.00+1.07=4.07

 基礎点103.14+GOE7.87(マイナス分は5.54)=技術点111.01

演技構成点 92.72
スケート技術(Skating Skills) 9.36
要素のつなぎ(Transitions) 9.07
演技力(Performance) 9.25
構成(Composition) 9.32
楽曲解釈(Interpretation of the Music) 9.36

技術点111.01+演技構成点92.72+減点1.00(転んだ分)=202.73点
SP104.17+FS202.73=306.90

【宇野が銀メダル】
最後の演技者だった宇野は202.73点、合計306.90点で、銀メダル。曲はプッチーニのオペラ「トゥーランドット」。演技冒頭でスピードに乗りきれず、4回転ループで転倒した。すぐに気持ちを切り換え、4回転フリップを軽やかに決めた。ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半の1本目、イーグルからのトリプルアクセルはGOE(出来栄え点)で加点を得る好ジャンプ。しかし、4回転と2回転の連続トーループは2本とも着氷が乱れるミス。
その後は諦めずにリカバリー。最後の4回転となったトーループにしっかり成功。さらにトリプルアクセルからの3連続ジャンプ、サルコーとトーループの連続ジャンプを繰り出して場内を沸かせた。演技後は少し残念そうに苦笑い。ステップやスピンでレベルの取りこぼしはあったものの、羽生を上回る技術点を獲得、演技点もすべて9点台だった。


最初に失敗した分開き直って見事な演技を見せた宇野選手、本当に僅差のところでフェルナンデス選手を上回って銀メダル!もうどっちが取ってもおかしくない神の差でしたね〜(*^^*)<すごいレベルだわ

GOEのマイナス分が全部プラスになって10点加算、さらに減点1がなくなって317.90…やった!0.05上回って宇野選手が金メダルや!!!٩(๑´3`๑)۶<簡単に言うなオイ

 

最後は僅差の銅メダルフェルナンデス選手。

ハビエル・フェルナンデス

技術点 101.52
1.4回転 トーループ:10.30+2.14=12.44
2.4回転 サルコ― + 2回転 トーループ:11.80+1.43=13.23
3.トリプル アクセル + 3回転 トーループ:12.80+0.86=13.66
4.コレオ シークエンス レベル1:2.00+1.90=3.90
5.足換え シット スピン レベル3:2.60+1.07=3.67
6.2回転 サルコ―:1.43+0.17=1.60
7.3回転 ループ:5.61+1.50=7.11
8.トリプル アクセル:9.35+1.86=11.21
9.3回転 フリップ + 1回転 ループ + 3回転 サルコ―:11.22+1.30=12.52
10.3回転 ルッツ:6.60+1.40=8.00
11.フライング 足換え コンビネーション スピン レベル4:3.50+0.57=4.07
12.ステップ シークエンス レベル4:3.90+2.00=5.90
13.足換え コンビネーション スピン レベル3:3.00+1.21=4.21

 基礎点84.11+GOE17.11=技術点101.52

演技構成点 96.14
スケート技術(Skating Skills) 9.46
要素のつなぎ(Transitions) 9.43
演技力(Performance) 9.64
構成(Composition) 9.79
楽曲解釈(Interpretation of the Music) 9.75

技術点101.52+演技構成点96.14+減点0.00=197.66点
SP107.58+FS197.66=305.24点

【フェルナンデスは痛いミス】
元世界王者でSP2位のフェルナンデス(スペイン)は197.66点で合計305.24点。羽生を上回れなかった。序盤に4回転トーループと4回転サルコーと2回転トーループの連続ジャンプを決めたものの、後半に予定していた4回転サルコーが2回転になる痛恨のミス。


6番目のサルコーが4回転なら13点くらいいくので、316.64点…あらやだ金メダル目前ですわ٩(๑´3`๑)۶<タラレバか! 実はすごい僅差だったのがわかります。少なくとも銀メダルは間違いなかったでしょう。何せ差は1.66ですしおすし。宇野選手がほんの少し何かミスってたり、フェルナンデス選手がほんの少し良かったら逆転です。フェルナンデス選手もすごかった!(*^^*)

 

あと、実はフリーで圧倒的に1位だったネーサン・チェン選手٩(๑´3`๑)۶

ネーサン・チェン

技術点 127.64
1.4回転 ルッツ:13.60+1.57=15.17
2.4回転 フリップ + 2回転 トーループ:13.60+1.29=14.89
3.4回転 フリップ:12.30ー2.23=10.07
4.足換え キャメル スピン レベル4:3.20+0.57=3.77
5.ステップ シークエンス レベル4:3.90+1.10=5.00
6.4回転 トーループ + 3回転 トーループ:16.06+1.57=17.63
7.4回転 トーループ:11.33+1.71=13.04
8.4回転 サルコ―:11.55+1.86=13.41
9.トリプル アクセル:9.35+1.00=10.35
10.3回転 フリップ + 1回転 ループ + 3回転 サルコ―:11.22+0.90=12.12
11.コレオ シークエンス レベル1:2.00+1.40=3.40
12.フライング 足換え コンビネーション スピン レベル4:3.50+0.93=4.43
13.足換え コンビネーション スピン レベル4:3.50+0.86=4.36

 基礎点115.11+GOE12.53(マイナス分は2.23)=技術点127.64

演技構成点 87.44
スケート技術(Skating Skills) 8.82
要素のつなぎ(Transitions) 8.32
演技力(Performance) 9.04
構成(Composition) 8.79
楽曲解釈(Interpretation of the Music) 8.75

技術点127.64+演技構成点87.44+減点0.00=215.08点
SP82.27+FS215.08=297.35点(5位)

【チェンが圧巻の演技】
SP17位と出遅れたチェン(米国)が215.08点を叩き出し、合計297.35点。最終組を残しトップに立った。4種類6度の4回転ジャンプに挑み、すべて着氷した。冒頭で最高難度のルッツに成功すると、フリップを2度、トーループを2度、さらにサルコーを1度着氷。2度目のフリップで手をついたのが唯一のミスで、自己ベストを更新した。

安藤せんせぇ大興奮٩(๑´3`๑)۶

もうチェン選手は明らかで、「SPで大ゴケしたのでフリーで開き直った結果のフリー1位」でしょう。仮にSPで+20点であれば(FSの構成も変えたでしょうが)317.35点で金メダル…に0.5足りない!羽生選手やっぱすごい!でもチェン選手もかなりすごい!٩(๑´3`๑)۶

4回転をゴリゴリ入れて技術点がめちゃ高く、その反面演技構成点が羽生選手やフェルナンデス選手より10点近く低いので、宇野選手と同じく「難しい技バンバン入れて跳ぶんだよ!完成度はあとだあと!ヽ(`▽´)/」って感じで勢いがあっていいと思います(*^^*)<流石は金メダル候補!

 

まとめ

細かい数字で見ていくと、今回の大会は本当に僅差のどう転んでもおかしくない凄い争いだったのがよくわかりますね〜(*^^*) その中でも金銀取った両選手は本当に素晴らしい!!! 全選手にも支える人たちにもエールを贈りたい!!!

 

おつかれさまでした&ありがとうございました!!!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 箱根駅伝2018の区間エントリーと優勝予想は?青学4連覇の確率も!
  2. YOSHIKI様(X JAPAN)のお菓子カウンターが可愛い!格付けチェック20…
  3. 岡田隆之介は本名?出身中学や高校、身長や彼女もチェック!
  4. Mステ瞬間最高視聴率に紅白!登美丘ダンス部が世界中でバブる理由
  5. 綾部祐二のニューヨークの現在は?英語の上達と成功の方法も!

関連記事

  1. テレビ

    ドクターXやコウノドリは小学生にも人気!子供に見せたいドラマとは

    2017年のドラマは「医療」でしたね!おはようございます!ぼくです٩(…

  2. スポーツ

    伊藤みき(モーグル)の怪我は?かわいいへそ画像や彼氏、父母も!

    モーグル3姉妹として知られた伊藤みきさんも、いまや30歳の大御所になり…

  3. スポーツ

    サッカー日本代表がワールドカップでリーグ突破が難しい理由とは

    ロシアW杯で日本はどこの国と一緒の組になるか? W杯出場国が32ヶ…

  4. テレビ

    陸王キャストにドラマ初の松岡修造!銀行員や二世俳優も気になる!

    こんばんは!久しぶりに熱くて、グッとくる(*'v`d)ドラマ。TB…

  5. スポーツ

    田中ゆかり(スキークロスカントリー)の高校大学、選手成績は?

    新競技【レッドブル400】世界大会の初代女王は、なんと日本の21歳女子…

  6. CM

    au三太郎cmの着物の外人は誰?名前や両親、他の出演作を調査!

    ケータイ会社au(エーユー)の看板CM「三太郎シリーズ」がついに100…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. テレビ

    アンナチュラル(ドラマ)9話のあらすじやネタバレ,みんなの感想は?
  2. テレビ

    サンシャイン池崎ラスト30秒で120万円消滅!最新の逃走中が面白い
  3. スポーツ

    大谷翔平のエンゼルスはどんなチーム?金持ち?貧乏?強さは?
  4. 美容

    薄毛に悩みあらゆる育毛剤を試した人たちが最後にいきつく究極の解決法とは?
  5. 美容

    毛穴のつまりを解消しながらうるおいを与えるクレンジングって?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。