健康

味にも品質にもこだわった究極の青汁ゼリーとは!?



今回は、【UMIウェルネスの青汁ゼリー 】についてご紹介したいと思います。

【UMIウェルネスの青汁ゼリー 】は、国産リンゴ果汁使用!おいしく続けられる商品となっています。

青汁ゼリーは、スティックタイプのゼリー青汁です。
青りんご味のゼリーなので、飲む青汁が苦手な方や、子供・お年寄りなどもおやつ感覚で食べることができます。

宮城県産の大麦若葉をまるごと使用し、ゼリー1本でレタス1個分の食物繊維をはじめ栄養素が豊富なため、現代人の野菜不足を補うためにも効果的です。

魅力や効果

①厳選された大麦若葉を使用

「UMIウェルネスの青汁ゼリー」の魅力と言えば、厳選された大麦若葉が使用されているところです。
大麦若葉と言うと、栄養素を沢山含む食材としてとても有名です。
大麦若葉に含まれている成分の中で、特に注目すべきは食物繊維の量ではないでしょうか。

その量は実に、

「にんじんの約1.9倍」

「さつまいもの約2.3倍」

「キャベツの約2.9倍」

にものぼります。

この様に、食物繊維たっぷりな大麦若葉が含まれているところが「UMIウェルネスの青汁ゼリー」の魅力ですね。

②青汁のイメージを変える美味しさ

青汁と言うと、どうしても「苦い」「青臭い」といったイメージがあります。

せっかく栄養満点でも、飲みにくければなかなか続かないですよね。
でも「UMIウェルネスの青汁ゼリー」なら大丈夫。
美味しい青りんご味になっており、とても食べやすいゼリーとなっています。
これなら毎日続けやすいです。

③食べやすいゼリータイプ

「UMIウェルネスの青汁ゼリー」の魅力を語る上で欠かさないのが、ゼリータイプであるという事ですね。
普通の青汁だと、「いちいち水に溶かすのが面倒」という声がよく聞かれました。
その欠点を克服したのが、ゼリータイプという訳ですね。
これならいちいち水に溶かす必要も無いし、いつでも何処でも気軽に飲めますよね。

 

このような方におススメ

・ゼリータイプをお探しの方

ドリンクタイプのように溶かす必要がないので、スイーツ感覚でどこでも手軽に食べることができます。
冷蔵庫で冷やしてもおいしいです。持ち運びにも便利。

・おいしい青汁をお探しの方

おいしい青りんご味なので、子供でも抵抗なく食べられそうです。
大麦若葉のえぐみを抑えるため、国産りんご果汁が使われています。

・便秘でお悩みの方

1本のゼリーでレタス1個分の食物繊維を摂ることができます。

更に詳しく知りたい方は下記を参照にして下さい♪



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ブロガー稲垣吾郎はどこのブログに登録?インスタやツイッターも!
  2. サニブラウンの父母は?出身高校や大学についてもチェック!
  3. 大場美和(ボルダリング)のクライミングがヤバい!大学や実家は?
  4. 陸王キャストにドラマ初の松岡修造!銀行員や二世俳優も気になる!
  5. 米津玄師(よねづけんし)の本名は?人気の理由や好きな人は?

関連記事

  1. ダイエット

    丹野こんにゃく(山形)の販売や通販はどこ?番所や懐石の料金は?

    ためしてガッテン!で出てきた山形の丹野こんにゃくが素晴らしすぎる!!!…

  2. 美容

    自宅でできるソルトエステ洗顔!くすみや毛穴のない透明素肌に?

    今回は、【ブラックシリカソルト】のご紹介で…

  3. 美容

    素肌感アップ!しっかり落として潤いもっちり美肌になる薬用クレンジング知ってる?

    今回は、【URUTAS(ウルタス) クレンジングバーム】をご紹…

  4. 健康

    腸温活とは?腸を温めるだけでダイエット効果爆上げって本当?

    「中国にほっそりした美人が多いのは、冷たい水や冷えた野菜で【腸を冷やす…

  5. 健康

    サロンや美容外科で使われるヒト幹細胞美容液が手軽に買える!?

    サロンや美容外科で使われるものって、基本的には一般人の手に入らない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 健康

    たった10秒でエイジングケア!時短で肌の張りツヤを取り戻す方法とは?
  2. スポーツ

    福井丸岡RUCK(がらくた)がフットサル日本女子初優勝!なぜ強い?
  3. 芸能人

    豊嶋花のダンスがかわいい!現在の様子と出身と本名もチェック!
  4. 事件

    カタルーニャはなぜ独立したがるの?日本と大阪に例えてみた!
  5. テレビ

    ドクターXやコウノドリは小学生にも人気!子供に見せたいドラマとは
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。